移動が多い、自社業務に忙しい時に電話代行を活用

自社に社員がいなくても電話対応が可能

電話代行を利用することにより、自社に社員がいないときであっても、重要な顧客からの電話を逃すことがなくなります。外回りの営業が数多く在籍する会社の場合には、社内に人がいないタイミングも出てくるものです。大事な商談に関する電話がかかって来た際に、受けることができる人員が社内にいなくては、商機を逸してしまいます。

小規模事業や、立ち上げ当初のベンチャーの場合には、予算的な都合により、必要以上に社員を抱えることはできないものです。電話業務をアウトソーシングすることで、費用をかけることもなく、業務を円滑に進めることが可能になるのです。アウトソーシングといっても、電話対応の経験が豊富なスタッフが対応しますので、自社の社員同様な受け答えが可能です。

少ない月額費用で利用可能

電話代行を活用する場合には、多額の費用がかかるイメージを抱く方も多いでしょう。多くの電話代行の会社では、月額制の料金で、電話業務の代行を依頼することが可能です。依頼する時間帯も、平日の日中だけではなく、深夜の時間帯や、休日の電話対応など、都合に応じた選び方ができるのです。

代行会社によっては、秘書と同様な感じで、受信した電話へ対応することも可能になっています。受信する顧客の重要度に応じた対応の仕方を設定できますので、社員以外が対応することにより、重要な顧客を逃してしまう心配はありません。社員が外回りをする機会が多く、会社にかかった電話を逃す機会が多い場合には、電話代行会社を活用したほうが良いでしょう。